Mail Facebook Instagram

職人が建てる美しい壁のある家、

目利きの選んだ素材と、確かな技術が織り成す、

本物の心地よさ。

住まう

「生活する楽しみ」

家の話

素材の安全性
勇建では安心できる素材を使って家創りを行っております。 木材は吉野、岐阜、静岡、宮崎、広島、長野の国産のものを、 土壁は愛知県、京都でとれた土、 
漆喰は大分、群馬、広島、千葉産の素材を使っています。 

発酵環境に住まう
愛知県は粘土質の土が多く産出されるので、強度として弱くはないのですが、土壁の漆喰仕上げをする程には強度が足りません。 
土は発酵させると強度が上がる特性を持つので、勇建では壁を施行する際にまず土を発酵させます。 土壁が住宅の大部分を覆う家屋では、壁自身が発酵を続けるため、室内が発酵環境となり快適な住まいとなるのです。 愛知県の夏は高温多湿になり、非常にカビの生えやすい地域です。 カビは人体に有益なものもありますが悪影響を及ぼすものもあります。 水回りやキッチンから嫌な臭いがすることがありますが、原因はカビです。 せっかくきれいに掃除しているのに、嫌な臭いがするのは家庭を支える主婦にとっては非常にストレスですね。 カビが生えるとダニもわくので、アレルギーの元になるハウスダストも多くなりますが、発酵環境の住まいでは壁が呼吸することで空気が循環するので、カビが抑制され水周りの臭いも抑えられます。
呼吸する土壁の家
勇建工業の家は、土壁を多く塗ることで発酵環境を創りあげます。 土壁のメリットは、耐熱性、調湿性などたくさんありますが、 勇建が土壁にこだわる一番の理由は「人の5感に心地よさを与えてくれる」という点です。 ・土壁の家に入るととにかく静かです ・土壁は目に優しいです
 ・土壁の家は匂いがありません ・土壁の家は空気がおいしい とにかく空気が澄んできれいです ・乾燥しすぎないし温度変化もゆっくりで優しいです それは、発酵する土壁自身が呼吸をしているから。 人間は呼吸をしないと生きていけませんね、家も同じです。 発酵し呼吸する土壁は生きています。 呼吸する生きた家は、私たちの五感を満たし、寛ぎ以上のものを与えてくれます。 化学物質で創られた家はどんなにメンテナンスをしても寿命が短いのですが、勇建の生きた家は年月が経ってもメンテナンスをすることでまた蘇ります。 「生きた家」は私たちの寿命を遥かに超えて生き続ける、住み継ぐ家となるのです。
色と塗りで楽しむデザイン
日本に土壁が伝わったのは飛鳥時代と言われています。 この名古屋でも古くから土壁を使った住宅が創られてきました。 土壁の家は名古屋の気候風土に合った、夏に涼しく、冬は温かい家作りができます。

古来より土壁には様々な仕上げ方法があり、デザイン性を楽しめるのも特長です。 塗り方だけではなく、自然そのものの色を楽しむ色土も名古屋では多く産出されます。 色土を使った仕上げも勇建の家作りの楽しみです。
木摺の壁〜勇建のYSP工法〜
木摺は勇建が考えた工法ではなく、世界中で太古より使われてきた建築の工法です。 木摺壁は、土壁や漆喰を塗る下地として大変優れています。 
昔の小学校の木造校舎などにもたくさん使われていましたが、 耐震性に欠けていることが欠点でした。 勇建では大学で実験を繰り返して
、耐震性の高い木摺壁を開発しました。 その工法が勇建のYSP工法です。 吉野の杉を最適な隙間で木摺パネル化し、施工現場で組み上げて、 検査後に土壁を塗るのですが、 YSP工法は左官下地として大変優れ、耐震性が高く 真壁にも大壁にも対応できる素晴らしい工法です。
適材適所の断熱材
土壁を使った住宅にはどんなも断熱材でも使うことができますが、条件としては ・長持ちすること ・環境負荷の少ないもの ・性能の高いもの 以上の3つの条件を満たしているものを推奨しています。 断熱材は床、天井、壁に入れて施工します。 勇建の住宅の標準仕様では、次世代省エネ基準をクリアーしています。 
ご要望があれば、ZEH(ゼロエネルギー住宅)仕様にも対応できます。

職人の技

「家づくりのいろは」

一、

親方と弟子

二、

大工はじめ

三、

木ずり壁

四、

土佐漆喰

五、

職人の目利き

六、

造作家具

七、

タイル貼り

八、

道具の手入れ