Mail Facebook Instagram

家の話

木の柱と土壁で出来ている勇建の家は、どのような特徴があるのでしょう?


職人が「住宅性能」や「安全基準」をテーマにお話しする、家にまつわるコラムです。
タイルで彩る水周り
トイレや、洗面、脱衣室や
お風呂は
一般的にはユニット製品を使うことが多いのですが、 勇建では安心できる素材で創った水回りを提案しています。 職人が創る水周りは、タイルや天然木を使った心地の良い空間になります。 石やタイルは種類が多く 、色や形で選ぶことも大切ですが、 適材適所に素材を選ぶことが実は一番大切です。 そして、目地や、貼る工法には職人の高い技術が必要です。 勇建では、適切な素材を選び、お客様にもお選びいただき施工しております。 
水周りは、生活する中で欠かせない空間です。 抗菌性や対候性の高い工業製品をを使うことを極力控え、 大切な家族がくつろげる、機能的な水周りをご提案させていただきます。
職人の作る家具
家具は、家の中でとても大切な役割を持ちます。 大きなホームセンターに行けば、どんなものでもそろえることができますが、 便利なようで無駄な機能や、価格も意外に高く、その割には長持ちしませんね。 できれば規格の寸法のものではなく、ご家族のために合ったものを用意し、 長く大切に使っていきたいものです。 椅子、テーブル、収納、ベッドなど、勇建では家族に合わせた家具を、 オーダーメイドでお創りしています。 
勇建の展示場では親方の加村が家族のためにすべて
手作りした家具を見ていただけます。 
皆さまもご家族のためにオーダーメイドの家具をデザインしてみませんか?
火のある暮らし
勇建工業では火のある暮らしをご提案しています。 地球環境のため、未来の家族のために、石油化学製品をできるだけ使わない工法で
、 家を創るためには、二酸化炭素をできるだけ出さないことも重要です。 愛知県の冬は意外に寒く、マイナス5度になることもあります。 断熱性能を上げることも重要ですが、効率的な暖房も必要となってきます。 勇建では、暖房器具として、薪ストーブやペレットストーブのご提案をしております。 家族の集う場所に、火の温かみのあるのは、 とてもいいものです。